突然家にやってきた全裸の男女の正体とは?ユーモアを交えたNZ政府のCM

   

Keep It Real Online
画像:YouTubeより

新型コロナウイルスの感染拡大により、自粛生活を余儀なくされてきた私たち。海外でも同じように感染拡大を防ぐため、ロックダウン(都市封鎖)措置などの対策が講じられました。

迅速な政策で国内への感染拡大を食い止めたニュージーランドは、死者ゼロの段階で厳しいロックダウンを実施しました。

ニュージーランド政府はロックダウン期間中に子供や若者がネットを利用する時間も増えるため、子供や若者へのネット被害を減らす啓蒙キャンペーン「Keep It Real Online」をはじめました。

「Keep It Real Online」では、ネットの危険性について親や保護者が子供たちとコミュニケーションをとる方法をユーモアを交えて紹介しています。

真っ裸の男女が突然家に、その理由とは?

Keep It Real Online
画像:YouTubeより

2人の男女がある家のチャイムを鳴らします。

Keep It Real Online
画像:YouTubeより

ノックが聞こえたのでドアを開けると、そこには一糸まとわぬ男女の姿が。

Keep It Real Online
画像:YouTubeより

リラックスしていたお母さん、驚きと困惑の表情に・・・

真っ裸の2人はフレンドリーに自己紹介をはじめます。

息子さんがネットで私たちのことを観るために調べてくれて、それでやってきたの」と、裸の女性が明るくここへやってきた理由を話し始めます。

Keep It Real Online
画像:YouTubeより

すると、お母さんは動揺しながらも「あなたに会いたいと言っている人が来てるわよ!」と息子を大声で呼びます。

息子が来るまでの間、「息子がネットであなたたちを観たって・・・?」と2人に問いかけます。

Keep It Real Online
画像:YouTubeより

2人はもちろんと答えて、「ノートパソコンやiPad、PlayStationに、彼のスマホ、それからあなたのスマホでも。あとは、ネットテレビとか」とあらゆる端末から私たちのことを観ていたと伝えます。

さらに、「私たちは大人のためにパフォーマンスしているけど、あなたの息子さんはまだ子供よね?」「彼はまだ人間関係の仕組みを知らないのかもしれない」と続けます。

Keep It Real Online
画像:YouTubeより

「私たちは恋人関係とかでもないし、そういう話もしない。ただセックスするだけ」「それに、オレたちは実際の生活でこんなふうなやり方をしていないよ」と赤裸々に話します。

Keep It Real Online
画像:YouTubeより

ひと通りの話が終わると、息子が玄関に現れます。驚きのあまり、手に持っていた皿を床に落とします。

Keep It Real Online
画像:YouTubeより

ここで「サンドラ(お母さんの名前)、落ち着いて。ここで何をすべきか知っているはずよね」と、お母さんの心の声が。

そして、息子に次のように語りかけます。

「あなたが見たネットでの出来事は現実にあることじゃないわ、そういう話をするときが来たのね」

Keep It Real Online
画像:YouTubeより

突然やってきた全裸の男女、立派な役目を果たしてくれました。

Keep It Real Online

今回のストーリーのキャンペーン画像では、次のようなコピーが書かれています。

Many young Kiwis are using porn to learn about sex.

若いニュージーランド人のほとんどがポルノ(日本語だとAVというところでしょうか)を使ってセックスを学びます

ネットの普及やデバイスの進化、それからネットサービスの多様化によって、子供がネット上でエッチな動画や画像に出会うのがとても簡単になってきました。

ほとんどのサイトが無料で、年齢確認も必要ありません。そして、好奇心からそれらのコンテンツを観てしまうこともあります。

まだ小さい子供は偶然にエッチなコンテンツを目にするかもしれませんが、10代の若者はそれを求めて検索する可能性が高くなります。

若者がセックスに興味を持つのは当たり前のことです。

彼らが見るかもしれないものや、それが実際のセックスや人間関係とどのように異なるかについて、オープンで正直に話をする機会を持つことが彼らを守る最善の方法とニュージーランド政府は伝えてくれています。

そのほかにも、ネットいじめや、大人が子供を性的に利用するためにネットで子供に近づき関係を築こうとする問題、不適切なコンテンツでの被害についての動画も公開されています。

ネットいじめ

ひとりの女の子が家にやってきます。ネットでいじめを受けているとのこと。

父親は娘を呼び、「ネットでの言動は現実の世界に大きな影響を与えることができるんだ」と伝えます。

Keep It Real Online

Evey year, one in five young Kiwis are bulling online.

毎年、ニュージーランドの若者の5人に1人はネットでいじめを受けています。

オンライングルーミング

大人が子供を性的に利用するために、子供との関係を築こうとすることを「グルーミング」と言うそうです。SNSなど、ネット上でもグルーミングがあり、「オンライングルーミング」と呼ばれています。

こちらの動画では、自分は13歳と話すハゲたおじさんが娘に会いにきます。母親は娘に「ネット上にヘンな人がいることを話し合わないとね」と伝えます。

Keep It Real Online

40% of young Kiwis have online interactions with people they’re never met in real life.

ニュージーランドの若者の40%が、実際に会ったことのない人とオンラインで交流しています。

不適切なコンテンツ

うさぎのアニメ動画を観ていた女の子。動画が終わり、レコメンドされた動画をクリックすると・・・

ハンターが銃でうさぎを打つ動画が流れてしまいます。驚いた女の子は泣いてしまいます。

父親はすぐさま端末にペアレントコントロールの設定をします。子供が安全にネットを楽しむために保護者ができることを伝えてくれています。

Keep It Real Online

Kids can go from safe places to scary places in just a few clicks.

子供たちはたった数回のクリックで安全な場所から恐ろしい場所に移動することができます。

 -学び

  編集部のおすすめ記事

やけに車間を詰めるトラック、なぜ?「あおり運転」が生まれる理由

  2018/11/07    学び

北海道の広さが一瞬でわかる画像、衝撃のデカさに北海道の見方が変わる

  2018/11/09    おもしろ・雑学

ボールペンの先をどんどん拡大、10のマイナス33乗まで迫る超極小の世界

  2020/06/07   2020/06/08   学び

ヒュンダイ「ソナタHV」CM

驚愕マジックに思わず釘付け!巧妙な映像トリックを駆使した自動車CMに仰天

  2015/11/11    クリエイティブ

69歳男性が20歳の若返り求め提訴、理由は「出会い系で女性と出会いたいから」

  2018/11/11    ニュース・トレンド

GoProでスターウォーズの世界を表現

ジェダイの気分を味わおう!「スターウォーズ」の世界を体感できる動画がリアルすぎる

  2015/07/15   2015/07/16   クリエイティブ

Kids try dark chocolate for the first time

にっが〜いっ!はじめてダークチョコレートを食べる子どものリアクションがおもしろいCM

  2015/08/29   2015/08/30   おもしろ・雑学

THE WORLD'S DEADLIEST ANIMALS

あなたの命を奪う可能性が高い「15」の動物

  2015/07/06   2015/07/08   学び

Kandee Johnsonさんのアメコミメイク動画

強烈なインパクト!左右で男女のアメコミ顔に変身する女性のメイクアップ動画

  2015/11/19   2015/11/22   クリエイティブ

3DCGキャラクター「Saya」

実在する人間にしか見えない!3DCGの女子高生Sayaがリアルすぎる

  2015/10/14   2020/05/18   テクノロジー

ササノマリイ「共感覚おばけ」

アナログな技法なのに抜群の表現力!ササノマリイ「共感覚おばけ」の魅惑的なPVに圧倒される

  2015/07/12   2015/07/14   クリエイティブ

「世界一寒い国」サハ共和国、マイナス67度の極寒の地でまつ毛凍る

  2018/11/18    おもしろ・雑学

P&GのCM

”女の子らしく”と言われたら、どう感じますか?女の子らしさを再定義しよう

  2015/03/05   2015/03/07   クリエイティブ

ナイキ「私たちは必ず逆転する」コロナ禍で戦う人々に感動のメッセージ

  2020/06/02    感動

競技場

日本人初のレゴ認定プロビルダー・三井淳平さんが今話題の「新国立競技場」をレゴで再現!

  2015/07/10    クリエイティブ

PR