やけに車間を詰めるトラック、なぜ?「あおり運転」が生まれる理由

   

Photo by Yasunobu HIRAOKA

みなさんは「あおり運転」をされた経験、もしくはしたことがありますか?

11月4日、HARBOR BUSINESS Onlineで投稿された記事(トラックがやけに車間を詰めてくるのは理由があった。元トラック運転手が解説)が、とても興味深かったので紹介します。

記事のタイトルどおり、トラックが車間を詰めてくるのにはワケがあるという内容なのですが、かくいう私も、高速道路などで運転をしていて、「トラックがやけに近いな。あおり運転か・・・?」と思い、車線を譲った経験があります。こちらの記事を読み、「そういうことだったのか」と納得してしまいました。

やけに車間を詰めてくるトラック、その理由とは

前述の記事によると、トラックが極端に車間を詰めてしまう理由は「車高の高さ」と「キャブオーバー型の車体」によるものだとしています。

まず、「車高の高さ」についてですが、私たちが普段乗っている乗用車の目の高さ(アイポイント)は地上から1.2メートルほどで、記事によれば、ミニバンなどの車高の比較的高いクルマでも「約1.3~1.4メートル」ほどとのことです。それに対して、トラックは、地上から「約2メートル」と、かなり差があります。

この運転席の高さによる「錯覚」が車間を詰めてしまう要因のひとつで、トラックの場合は車高が高いので、ドライバーは車道を見下ろすかたちになり、前車との車間距離を長く感じて、その結果、車間距離を詰めて走行しがちになるようです。

そして、理由のもうひとつ。日本で乗られているトラックの多くは、「キャブオーバー型の車体」であるということです。

キャブオーバー型の車体 Photo by hans-johnson

画像のように、「キャブオーバー型の車体」はボンネットがないタイプの車体のことで、ボンネットがあるセダンなどのクルマとは異なり、前車との距離を詰めやすくなっています。これもひとつの「錯覚」で、前車との距離がある程度わかるため「車間距離が短くても安全だ」と思ってしまうようです。

ここでひとつ豆知識。日本と違い、アメリカは広大な国土ということもあり、トラックの移動距離ははるかに長くなるため、風を切って走る「ボンネット型」のトラックが主流のようです。

ボンネット型の車体 Photo by RL GNZLZ

トラック接近、一般のドライバーにも起きている「錯覚」

記事では、「一般ドライバーのほうにも錯覚が起きている」とのことで、前述のとおり、日本で走っているトラックの大半はボンネットがないので、ルームミラーから見ると、リアガラス一面が「トラックの壁」となり、圧迫感を与えてしまっているようです。

SUVが世界中でブームになっていますが、そういったタイプのクルマは、セダンタイプとは違いトランク部分がないため、余計に近くに感じられるとも伝えています。

ミニバン Photo by Jason Thien

こういったドライバーたちの「錯覚」により、トラックが車間距離を詰めてきているように感じ、そこから派生して、「トラックドライバーって、なんか怖い」や「マナーが悪い」などの声が出てきてしまう要因になっているようです。

「あおり運転」がさらなる危険運転に

これまでは一般ドライバーが無意識に感じてしまうトラックへの恐怖感を紹介しましたが、実は、トラックのドライバーも一般のドライバーに頭を抱えているようです。

物流コンサルタント業の物流企画サポート株式会社が行った調査(「あおり運転」の被害、トラックドライバーの7割)では、なんと、トラックドライバーの7割が「あおり運転」の被害を受けていることがわかりました。

「多すぎて覚えていない」と語るドライバーもいて、日常的に「あおり運転」の被害を受けているトラックドライバーの実態もうかがえます。

トラックには法定速度のほかに、各運送会社で独自に定めている「社速」というものが存在しています。後続車のために速度を超えようともスピードリミッターが付いているためスピードを出すこともできず、そういった制限が後続のドライバーをイライラさせ「あおり運転」の引き金になっているようです。

そして問題なのが、この「あおり運転」への対処法。「あおり運転」に対して、「道を譲った」や「無視した」などの対処が今回の調査結果で多くみられましたが、なかには「頭にきたから急ブレーキを踏んでやった」、「クラクションを鳴らしっぱなしで追いかけた」など、危険な対応をしているトラックドライバーもいました。

一般ドライバーの「あおり運転」がトラックドライバーの「危険運転」につながっているのです。

2017年6月、神奈川県大井町で起きた東名高速道路の夫婦死亡事故は、「あおり運転」が発端になっています。危険な運転で、最悪の事態を招き、被害者を出さないためにも、クルマの特性や置かれている状況を理解し、思いやりとゆとりのある運転を心がけていきましょう。

 -学び

編集部のおすすめ記事

センバツまさかの落選で波紋・・・聖隷クリストファー監督が選手に語った言葉

  2022/01/30   2022/01/31   トピックス

War Child「Duty Of Care」

これは戦争ゲームか現実か・・・子どもの視点で描かれる「戦争」の世界

  2015/08/15   2015/08/16   学び

リアルに描かれたディズニーキャラクター

現実にいたらこんな感じ?リアルに描かれた「ディズニーキャラクター」たちのイラスト

  2015/08/02   2015/08/05   クリエイティブ

山下工美さん

斬新な方法で陰影をつくりだす!日本人アーティスト・山下工美さんのアート作品がスゴい

  2015/05/18   2015/05/19   クリエイティブ

道で物乞いをする盲人

盲目の物乞いに起きた奇跡!100秒の動画で表現された言葉の力

  2015/02/24    感動・驚き

45歳の母親が22歳の娘になりすまし大学に通う、2年間誰にも気づかれず

  2021/12/17    トレンド

突然家にやってきた全裸の男女の正体とは?ユーモアを交えたNZ政府のCM

  2020/06/12    学び

マリオ&ルイージ図屏風

琳派とマリオブラザーズのコラボ!マリオとルイージが風神と雷神になった大迫力の「マリオ&ルイージ図屏風」

  2015/09/09   2015/09/10   トレンド

人気TikTokerのSiya Kakkarさんが16歳で死去、悲しみ広がる

  2020/06/27    トレンド

IQ世界一を誇るマリリン・ボス・サバント!IQの高い人間は世界がどのように見えているのか

  2015/01/26   2022/01/21   おもしろ・雑学

シーン8

DNAから顔を成形する技術で「ポイ捨て」の犯人像を晒す香港のキャンペーンがスゴい

  2015/04/25    テック・サイエンス

Heart Foundation

あなたは「心臓発作」を起こしている人を見つけることができますか?

  2015/07/19   2015/07/21   学び

母親とメイド

我が子なのに・・・母親よりもメイドの方が子どものことを知っている現実を信じられますか

  2015/06/26   2015/06/27   人生・生き方

没収された物を取り返す!学校に侵入し逮捕されたのは40年以上前の卒業生だった

  2022/01/20    トピックス

ロボティクスファッションクリエイター・きゅんくん

ウェアラブル業界に新旋風!ロボティクスファッションクリエイター”きゅんくん”に迫る

  2015/05/22   2015/05/24   トレンド

PR