あなたの人生にとって”大きな石”はなにか?大学教授の話が深くて考えさせられる

      2015/02/24

大学の講義 via:velkr0

人生はおもしろい。

考え方ひとつで、目の前が一気に明るくなったり、「なにもかもうまくいかないんだぁ」と鉛のように重い気持ちになったり・・・

そんな人生のなかでとても大切なエッセンスを与えてくれるお話を紹介します。

このお話は何年か前にネット上で多く目にしたことがあり、その的確にポイントをついている内容とあいまって、とても印象に残っているお話です。

誤解が生じないようお伝えします。タイトルからだとノンフィクションのように感じますが、おそらくフィクションです。

お話の舞台は大学の講義。普段は熱弁を振るう教授が学生たちに質問を投げかけるところからストーリーははじまります。

キミたちにとって最も大切なことはなにか?

教授 キミたちに質問だ。

教授はそう言うと、教卓の上に水槽を置いた。水槽の中身はからっぽ。

水槽 出典:http://www.amazon.co.jp/

教授はその水槽のなかにこぶし大のおおきさの石を入れていく。

大きな石 出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/
教授 さて・・・この水槽は石で満杯になっただろうか ?

ざわつく教室。教授は目の前に座っている学生に答えるよう促す。

学生 ・・はい。石でいっぱいになっています。
教授 ほう、なるほど。だが、答えはNoだ。

すると、教授は先ほどよりもひとまわり小さい石を水槽のなかに敷き詰めていく。

小さめの石

教授 これはどうだろう。水槽はいっぱいかい?
学生 ・・・いえ、まだ隙間があります。

教授はうなずきながら、砂利を取り出し、また隙間に敷き詰めていく。

砂利

教授 どうだ。隙間が埋まってきたが。いっぱいかい?
学生 いえ、まだ隙間があります。

学生たちは次になにを取り出すのか目を見張る。

学生たちの予想どおり、教授は細かな粒子の、いっぱいの砂を水槽のなかに入れていくー

砂

教授 さぁ、隙間はもうなさそうだが・・・
学生 いや、まだ隙間はあります。砂と砂の間にも目には見えませんが、隙間が。
教授 ハハハ(笑)。そのとおり!まだ隙間はある!

教授は教卓の下に忍ばせていた水でいっぱいになったバケツを持ち上げ、水槽のなかに流し込んでいく。

砂

水は表面張力で水槽の縁で柔和な曲線を描いているー

教授 よぉし、これでどうだろうか?
学生 はい、もう隙間はありません。
教授 そうだ。これで水槽はいっぱいになった。隙間もない。
さて、私がこれでなにを言いたいのか、キミたちになにを伝えたいかわかるかい?

となり同士、前と後ろでお互いに顔を合わせながら学生たちは話し合っている。

すると、さきほどの学生が手を上げ、答えた。

学生 どんなに忙しくても時間はつくれる、そのことを表しているのではないでしょうか。

学生はこう続けるー

学生 ボクたちは口々に「時間がない、時間がない」と言って、やらなければならないことや自分のやりたいことを先延ばしにして、ついにはやらなくなってしまう。

でも、実際は時間はつくれる。つくることができるんです。教授はそのことをボクたちに伝えたいのではありませんか?

教授はうれしそうに微笑みを浮かべた。

教授 うむ、良い考えだ。だが、違う。

教授は教壇にあがり、学生を見渡す。

そして、一番はじめに入れた大きな石を手に取り、こう続けるー

キミたちに伝えたかったことは・・・

教授 この大きな石を一番はじめに入れなければ、二度とそれを入れることができない。そういうことだ。

学生たちは困惑の表情を浮かべる。

教授 キミたちにとって大切なこととはなんだろうか?
この水槽に一番はじめに入れた大きな石はキミたちの人生にとって最も大切ななにかを表している。

この大きな石は、家族や友達を大事にすることかもしれない。愛する人を守ることかもしれないし、自分の力で誰かを救うことかもしれない。はたまた、信念や志を持ち続けること、夢を叶えることかもしれない。
そういった大切ななにかを一番はじめに入れておかなければ、一生それを得ることはできない。

やがて時間が経ち、それが”大切だ”と気づいていてももう二度と入れることはできないんだ。

学生たちはその水槽が表す真実に気づき始める。

教授 もしかしたら・・・キミたちにとって大学に通うことは本当に大切なことではないかもしれない。

もっともっと大切なことがあるのかもしれない。いまの生活を繰り返すことが正解でないかもしれない。
水槽にある小石や砂利のように、小さなことやつまらないことにとらわれて大切ななにかを見失ってはいけないよ?

そんな些細なことでキミたちの人生をいっぱいにしてしまったら、キミたちが本当に大切にしなければならない何かは永遠に失われてしまうんだ。二度と巡ってこないんだ。
キミたちの輝かしい人生をつまらないことでいっぱいにしてはいけない!

キミたちがキミたちらしく、ひとり一人が生きていくためにぜひ大切ななにかをまず心に入れてください。

伝えたかったことは以上です、教授がそう言うと、学生たちから拍手がー

これは本当に自分にとって大切なことなのか?

ふと気づくと、どちらに転んでもいいようなことで長い時間悩んでいたり、まわりの評価や価値観にとらわれていたり、大切ではないことに時間を捧げていることがあります。

経済的、体力的、心的な問題でそういったこともキレイ事になってしまう場面もあるかもしれません。

だからと言って小さな石や砂利、砂を集めていく理由にはならないように思うのです。

ちょっとでも大きな石を見つけていけたら・・・

あなたにとって”大きな石”はなんでしょうか?ぜひ考えてみてください。

 -人生・生き方

編集部のおすすめ記事

安室奈美恵さんを描いたチョコレートアート、クオリティの高い作品に海外からも驚きの声

  2018/11/16    クリエイティブ

ロブ・ゴンサルヴェス4

見え方によって世界が変わる!ロブ・ゴンサルヴェスが描くトリックアートで夜も眠れない

  2015/03/25   2015/03/26   カルチャー

黒板アート1

黒板とチョークだけで描かれた究極の芸術作品「黒板アート」が感動する

  2015/06/04   2015/06/05   感動・驚き

武田鉄矢、刑事ドラマでの名言「戦え!人間なら!!」人を殺せない理由とは

  2020/05/17    人生・生き方

インサイド・ヘッド

「インサイド・ヘッド」に登場する5つの感情がそれぞれ合わさって生まれる感情とは?

  2015/08/31   2015/09/01   おもしろ・雑学

父がついた優しい嘘、感動ドラマ

3900万回再生突破、家族に会いたくなるクリスマスの感動ストーリー

  2015/12/06   2015/12/10   感動・驚き

大人になるにつれてシンプルになる

人の一生をうまく表現したシンプルな画像が考えさせられる

  2015/04/11   2015/04/12   人生・生き方

なんで言っちゃうの・・・司教「サンタはいない」保護者激怒で教会が謝罪

  2021/12/15    おもしろ・雑学

「だれもが自分らしく生きられる世の中に」小学校のポスターが考えさせられる

  2018/11/25    学び

まるで実写!中国の女性がディズニーキャラクターになりきる動画

  2020/05/28    おもしろ・雑学

サンタクロースは実はお父さんだった!?サンタを信じた少年に父親は

  2021/12/23   2021/12/24   暮らし

「不公平」受験生が泣いている・・・共通テスト直前のルール変更で波紋

  2022/01/13    トピックス

任天堂旧本社がホテル「丸福樓」として生まれ変わった!4月開業で予約受付も開始

  2022/01/20    トピックス

冷蔵庫のマグネットでスーパーマリオを完全再現したストップモーションアニメ

  2020/07/01    クリエイティブ

Danielle

老化を知覚することは難しいが確実に進行している・・・老化プロセスを視覚化した驚くべきタイムラプス動画

  2015/05/17    おもしろ・雑学

PR