ヤフー制度変更で社員は全国どこでも居住OK!多様な働き方の行く末は

   

ヤフーは現在全国約8000人の従業員のうち9割がテレワークを行っていますが、制度を変更しさらに強化します。

現在、居住地については翌日の午前11時までに出社できる範囲に限定していますが、2022年4月から日本全国どこに住んでもよく、どこからでもテレワークで働くことを認めるということです。

出社が必要な場合でも、月額15万円までなら交通費を支給し、飛行機での通勤も認めるとのこと。

テレワークによる社員同士のコミュニケーションの希薄化が懸念されますが、コミュニケーション促進のための懇親会であれば、飲食費に1人あたり毎月5000円を支払うということです。

ヤフー川邊健太郎社長、社員に向けたメッセージで次のように述べています。

オフィスであなたが仕事をするにしてもオフィスじゃないところで仕事をする人もいることを前提に、共通の作業空間はもはやオンラインなんですよ

制度を決めた背景に社員を対象としたアンケートがあったそうで、「テレワークで仕事に影響がなかったもしくは向上した」と回答した社員が約9割だったことから制度の変更を決めたということです。

IT業界では、メルカリでも社員の住む場所の制限を撤廃しており、コロナ禍でさらにテレワークが進んでいます。

場所にこだわらない多様な働き方を推し進めることで優秀な人材の獲得を図るのが狙いのようです。

LINE開発拠点、なぜ京都に?企業の立地による人材獲得の戦略

人材と企業の立地はこれまで密接に関わってきました。

「丸の内OL」に「新橋サラリーマン」、そして、「渋谷ではたらく社長」。

サイバーエージェント藤田晋社長は「僕が青山学院出身で、渋谷に土地勘があったんですけど」と前置きしつつ、渋谷に拠点を置いた理由について次のように明かしています。

やっぱり若者を集めるのに渋谷という土地がすごく便利というか。採用するのに、日本橋とか新橋よりも渋谷で働きたい人が多いんです。(中略)インターネットビジネスをやっていると渋谷に人がいっぱいいて有利というか、便利というか。

賢者の選択」より

そして、新型コロナウイルスのパンデミック前の2018年6月。LINEは東京、福岡に続く3カ所目となる新しい開発拠点に京都を選びました。

関西エリアでビジネスと言ったら大阪では?と思われますが、なぜか古都・京都。

その理由として、「京都」という世界でも高い知名度を誇るブランド。

京都は海外でも有名な場所で、観光地としても知られています。古き良き日本文化に触れることのできる古都。優秀な海外の技術者が日本で働くきっかけになったらと、京都に進出したそうです。

サイバーエージェントの渋谷にしても、LINEの京都にしても、立地選びの狙いは優秀な人材の獲得です。そして、今回のヤフーの場所に縛られない働き方。

このような動きについて、株式会社キャスター取締役CROの石倉秀明氏は「地方の企業にとっては試練」と課題を挙げられていました。

今まで人材獲得は地元企業間での争いだったのが、今後採用の競合は全国の会社となるためです。

これまでは「地の利」とも言える人材獲得戦略が、今やその「働き方」に重点を置いた戦略にシフト、さらに競争相手も立地に縛られない広がりをみせているようです。

グローバル競争にいかにして勝つか、企業はいつでも試行錯誤

どうしても現場に出なければならないエッセンシャルワーカーなどとは違い、とくに、インターネットビジネスではその場所を選ばず、人材獲得はグローバルに無限に広がります(もちろん、ネットインフラや言語の壁などの問題もありますが)。

グローバルで展開される競争にいかにして勝つか。企業はいつでも試行錯誤をしています。

ヤフー川邊健太郎社長はツイートで「経営サイドとしては、オフィスの求心力は捨てがたいものがあります」とも述べており、米IT大手郡のGAFAがオフィス勤務に戻していく動きも今後でてくるのでは?と推察。

そんな折、米アルファベット傘下のグーグルが2022年1月14日、英国ロンドンにある高層複合ビルのオフィス部分を取得すると発表しました(出典:日本経済新聞)。

新型コロナウイルスの感染状況を見ながら社員の出社を再開していく方針で、生産性向上につながる新たなオフィスの形を模索するとしています。

価値観は時代時代で異なりますが、刻一刻と状況が変化していく現代社会。今日の常識が明日には否定されるような世界なのかもしれません。さて、次はどんな”働き方”が生まれてくるのでしょうか。今から楽しみです。

関連記事

ヤフー新制度で「魅力的」な点 永島優美の着眼に「さすが」(谷原章介)

J-CASTニュース

ヤフー、飛行機出勤も可 加藤浩次「多様性のある働き方」評価

J-CASTニュース

もっと読む

 -トピックス

編集部のおすすめ記事

プロフェッショナルレフェリー・村上審判員が見た一流選手の「振る舞い」

  2021/12/20    学び

黒板アート1

黒板とチョークだけで描かれた究極の芸術作品「黒板アート」が感動する

  2015/06/04   2015/06/05   感動・驚き

高すぎる場所で500メートルの綱渡り

世界新記録!?まるで空を歩いているような高すぎる場所で500メートルの綱渡り

  2015/11/28   2015/12/02   おもしろ・雑学

共通テスト流出、19歳女性が出頭「わたしがやりました」受験生から怒りの声も

  2022/01/27   2022/01/28   トピックス

「殺人スズメバチ」によりスペインで男性死亡、昆虫学者が懸念すること

  2020/05/14    トレンド

ウドンオブミュージック

新キャッチコピーは「愛にきてうどん県」!香川県のPR動画「ウドンオブミュージック」が秀逸

  2015/06/08   2015/06/09   クリエイティブ

シーン10

20代から90代に!若いカップルがお互いの年老いた姿を見たらどうなるのか

  2015/05/14   2015/05/15   人生・生き方

タイの女の子が「ジョジョポーズ」を完コピ!クオリティ高すぎる動画が話題

  2020/05/25    おもしろ・雑学

全力疾走の仲居さん

かわいい仲居さんが全力ダッシュで駆け抜ける!UQ WiMAXのCM動画が話題に

  2015/03/12    おもしろ・雑学

ウェディングヘアスタイルの変遷

2分で振り返る!「ウェディング」ヘアスタイルは60年でどう変わっていったか

  2015/08/06   2015/08/07   おもしろ・雑学

海外でも大人気「セーラームーン」のウェディングドレスが登場する

  2020/07/01    トレンド

TESCO Lotus広告動画

タクシー運転手に隠された真実・・・親の子に対する愛の強さを”痛いほど”感じる動画が泣ける

  2015/07/30   2015/07/31   感動・驚き

AINZ&TULPEのデジタルサイネージ

世界のひとが楽しくお得にコスメを買い物できる「AINZ&TULPE」のデジタルサイネージ

  2015/08/12   2015/08/14   テック・サイエンス

鳥の形をした空飛ぶクルマ、南アのスタートアップ企業が開発を発表

  2022/01/05    テック・サイエンス

ジャルジャル、M-1決勝ネタ「国名分けっこ」の裏側に驚きの声

  2018/12/02   2019/03/25   トレンド

PR