「躾」とは一体なにか?ADFEST 2015のFABULOUS FOURに選ばれた監督の作品から学べること

      2015/05/28

躾 出典:YouTube

毎年春にタイのパタヤで開催されるアジア最大級の広告祭であるADFEST(アジア太平洋国際広告祭)

2015年のADFESTは3月19日から21日の3日間にわたり開催されました。アジア各国から期待の若手監督4名が選ばれる「FABULOUS FOUR」では日本人が2名も選出されることになりました。

そのなかのお一人、小田桐浩希監督の作品「」を紹介します。

ADFEST 2015 home discipline

シーン1 出典:YouTube

縁側で将棋に興じる親子の姿から物語がはじまります ー

シーン2 出典:YouTube

お父さんは陶芸家のようで、黙々と作業をしています。

シーン3 出典:YouTube

するとそこへ、子どもが入ってきます。

シーン4 出典:YouTube

しかし、「仕事場に勝手に入ってくるな!」と言わんばかりに力強く子どもを外へ追いやります。

こうして父と子の姿が描かれていきます。

シーン5 出典:YouTube

銭湯で掛け算をする子ども。キリの良いところでお風呂から出ようとしますが ー

シーン6 出典:YouTube

「まだだ」という無言の言葉を力に変えて肩をグッと掴みます。子どもは再び熱いであろうお湯のなかへ身を潜らせることになります。

シーン7 出典:YouTube

食卓の風景。

肘をつきながらねぶり箸をする子どもの箸を ー

シーン8 出典:YouTube

荒々しく取り上げ、ピシっとテーブルの上に置きます。

シーン9 出典:YouTube

正座をさせられる子ども・・・脚がしびれているのかモジモジしています。

シーン10 出典:YouTube

窮屈であろうが、厳しいお父さんの手前、我慢するしかありません。

そんなある日、事件が起こります。

シーン11 出典:YouTube

お父さんの焼いた皿を割ってしまうのです!

あんなにコワいお父さん、バレてしまったら・・・そして子どもが出した答え。

シーン12 出典:YouTube

割れた皿を埋めようと考えたのです。

シーン13 出典:YouTube

・・・!

そのコワいお父さんが後ろに立っています!

シーン14 出典:YouTube

お父さんに突き飛ばされよろめく子ども。こっぴどく叱られているようです・・・

シーン15 出典:YouTube

家から追い出され・・・

シーン16 出典:YouTube

落ち込んでいると、そこには優しいお母さん。

お父さんがこわいときはお母さんが優しくて、お母さんが怒っているときはお父さんが優しくて・・・なんとも言い難い「家族あるある」、絶妙な家族のパワーバランスが表現されています。

シーン17 出典:YouTube

再び、縁側で将棋をする親子。少し成長しているようです。

シーン18 出典:YouTube

お父さんが駒を上げると、どこに指すか悩み・・・

シーン19 出典:YouTube

手詰まったのか、同じマスへと駒を置きます。

シーン20 出典:YouTube

そこで、場面は変わり、100点の答案用紙を手にする子どもの姿が ー

シーン21 出典:YouTube

ウキウキ気分で家に帰ると、お母さんは「よくやったわね!」と褒めているようです。そして、お父さんも・・・

シーン22 出典:YouTube

頭をポンと撫でてくれます。

子どもにとって、何も言わずとも頭を撫でられるだけで嬉しいものですよね。

シーン23 出典:YouTube

子どもはさらに成長し、大学の試験日の朝。そこにお父さんの姿はありません。

シーン24 出典:YouTube

お父さんは作業場に。それでも・・・

シーン25 出典:YouTube

その手には御守が。お父さんの不器用さがうまく表現されています。

シーン26 出典:YouTube

すっかり大人になった子どもが帰郷します。

シーン27 出典:YouTube

そして、お父さんの作業場で陶芸をします。過去の思い出が次々とオーバーラップしていきます。

シーン28 出典:YouTube

そして、縁側に舞台は移り、将棋盤を前に対峙する親子の姿 ー

シーン29 出典:YouTube

子どもは駒を手に取り ー

シーン30 出典:YouTube

「王手!」と声高に言います。

シーン31 出典:YouTube

頭の上に差し伸べられる大きな手のひら。

シーン32 出典:YouTube

ニコーっと笑う、嬉しそうな子どもの表情。

シーン33 出典:YouTube

すると、そこにはかつて子どもだった少年が立派なお父さんになっている姿があったのです。

躾は「まなざし」から、まなざしは「愛」から生まれるということ

この「躾」という作品はADFEST 2015のテーマである”BE BAD(悪くなれ)”をもとにつくられたものです。

ADFESTはアジアとオセアニア地域の国々を網羅した広告祭のため、宗教や文化、政治体制とバックグラウンドが異なる多くの人たちに上映され、またその人たちによって評価されることになります。

「躾」では、日本家屋が舞台になっていたり、食べるものが魚中心の和食であったり、将棋や陶芸、家族のあり方(威厳のある父と物静かな母)など、所謂、日本文化のステレオタイプが表現され、国際舞台において「日本」のイメージを訴求できたのではないかと感じます。

Wikipediaによると、躾には次の記載があります。

しつけ(躾・仕付けまたは仕付)とは、人間社会・集団の規範、規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞い(規範の内面化)ができるように、訓練すること。概念的には伝統的な子供への誉め方や罰し方も含む。

躾という言葉を聞くと、ある言葉が想起されます。

それはまなざしです。

親が子どもをみるまなざし、先生が生徒をみるまなざし、友達が友達をみるまなざし、世間が人間をみるまなざし、そして自分が自分をみるまなざし。

このまなざしがあるからこそ、人間社会における規範、規律、礼儀作法が生まれ、それに基づいて行動する必要がでてくるのだと思います。

「お天道様はいつでも見ているからね」と子どもを戒める言葉も、まなざしを意識させるものですよね。

このまなざしがなければ、なにも正座してご飯を食べなくてもいいわけですし、肘をつきながらご飯を食べたっていいわけです。

また、まなざしがあっても、「自分さえよければいい」と開き直ることさえできます。「なんでこんなことしなくちゃならないんだよ」と。「関係ないじゃん、まわりの人間なんか」と。

社会に出れば多くのまなざしがあります。だからこそ、ルールやマナーを守らなければならなくなるのです。しかし、悲しいかな、そんなルールやマナーはあるようでないものなのです。存在は確かなのだけれど、会うことができない歴史上の人物のような・・・(わかりづらい例え?)。「これはこうだ」と証明できないものです。

だからこそ、最もしっかりと持つべきまなざしは自分が自分をみるまなざしなのです。

この「躾」という作品では、お父さんが子どもをよく見ています。それは視覚的なものだけでなく、心の模様までも見つめているようです。

この親子の姿を見ていると、躾はまなざしから生まれ、そのまなざしはから生まれているということに気付かされます。そして、躾と名づけられた愛のバトンはまた次の世代へと受け継がれていきます。

この社会で生きていくために必要な行動規範は誰かを思いやろうとするが必要になると思うのです。

そんなことをこの作品から学び取ることができるのではないでしょうか。

 -学び

  編集部のおすすめ記事

作品4

動物たちの本音?コミカルに描かれた「悲しい動物の真実」がおもしろい

  2015/05/01   2015/05/02   アイディア・クリエイティブ

本田翼が踊るLINEモバイルCMのダンスに「新宝島」を合わせた動画に称賛の声

  2018/11/21    ニュース・トレンド

Lily

ターゲットを追尾する!HDカメラ搭載のドローン「Lily」が登場

  2015/05/13    テクノロジー

江川達也

タルるートくんとドラえもんの意外な関係?「満たされていることを知ろう」江川達也さんのメッセージに共感

  2015/02/25   2015/02/26   学び

Paint. A Short Lego Film

リアルすぎ!モンドリアン作品を「レゴ」で描くストップモーションアニメの高い完成度に感激

楳図かずお

恐怖漫画の巨匠・楳図かずおがホラー漫画を描くようになった意外な理由

  2015/04/10    おもしろ・雑学

ジェット戦闘機の中で水を飲んだら、どうなる?パイロットの動画に驚きの声

  2018/11/27    おもしろ・雑学

雪山を約490メートル滑り落ちるスキーヤー

奇跡の生還!プロスキーヤーが雪山を490メートルも転げ落ちる衝撃映像

  2015/11/16   2015/11/20   おもしろ・雑学

トニー・ホークが前代未聞のランプに挑む

前人未到!史上初となる水平スパイラルランプに挑むスケートボーダー

  2015/11/24   2015/12/01   感動

FIATのデジタルサイネージ

縦列駐車もこわくない!車幅間隔を教えてくれるFIATのデジタルサイネージが面倒な駐車をアシスト

  2015/06/10   2015/06/11   テクノロジー

賽の河原

『人間・失格 たとえばぼくが死んだら』から生きていることの素晴らしさを学ぶ

  2015/02/27   2015/02/28   人生・生き方

1000日

パパの目線で語られる我が子の1000日の記録が感動する

  2015/01/15   2015/02/24   感動

ロボティクスファッションクリエイター・きゅんくん

ウェアラブル業界に新旋風!ロボティクスファッションクリエイター”きゅんくん”に迫る

  2015/05/22   2015/05/24   ニュース・トレンド

岐阜県関市PR動画

この世に刃物がなかったら・・・”日本一の刃物のまち”岐阜県関市が描く「もしもの世界」が過激すぎる

  2015/10/10    おもしろ・雑学

ソフトバンクCM「スマホたのしい」

ソフトバンク新CMついに放映開始!個性あふれる豪華キャストが名作アニメキャラに大変身

  2015/10/21   2015/10/21   ニュース・トレンド

PR